2015年05月11日

修理可能&不可 見極め

ご無沙汰しております。
これはも筆不精と言うのかな?

少し忙しかったのは事実ですが言い訳です。
輸入住宅に限らず月日が経てば手直し、お手入れが必要です。
水回りの修理でお伺いし、家の手入れ工事を請けています。
外装の塗装、玄関ドアの塗装、室内の塗装、等住宅に
関するすべて受けております。

中でも壁埋め込みシャワー水栓の修理で分解不可が有ります。
けっこう多いです。分解が出来無いので修理は不可です。
分解できても部品が手に入らない状況もかなりあります。

どうするか?
壁をはつり器具を取出し、国産のシャワー水栓に交換する
壁の外に取り付けるタイプです。、左官さん、水道工事屋さんの手配。
工事期間、3日(長くて)
壁用タイルの手配が難題です、同じものが手に入りにくい
輸入物が特に厳しい!
目いっぱい探します。探して探してもない時は
よく似たもの妥協です(一番嫌な妥協です)
でも仕方な有りません、お客様と打ち合わせし了承していただきます。
金具の色、国産はクロームが主です。
最近カクダイがブラス色を提供しています、以前はピンクゴールドなる
変な色を出していました、現状もありますがブラスとはかけ離れたカラーです。
新作にブラス色が有りけっこう良い色に仕上がっています。
これでブラスへのこだわりが可能になりました。
先日の改修も上手くいきました。

本題、15年過ぎてくると50%は分解不可になってきています。
分解途中で本体に付加が掛かり現状復帰が出来なる
可能性がありその場を収めることが出来なることがあります。
特に浴室回り水栓金具が原状復帰で収めることが出来ません。
大変申し訳ありませんがご理解ください。
国産、輸入にかかわらす状況は一緒です。
ただ壁埋め込みと壁外取り付けは大きく違います。
壁埋め込みは、それはそれは、カッコ良いですし綺麗です。
修理となると前記しましたように大変な工事になります。

修理可能か?
修理不可か?
この見極めが問題です。
でも、物には寿命が有りますので
仕方ありません。

今後も修理に邁進しますのでよろしくお願いします。
修理についての愚痴でした。
posted by ミスターコーラー at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。